バイオリン、ビオラ、チェロ、弓 の 販売・修理|東京都千代田区、市ヶ谷駅の弦楽器専門店 弦楽器 Tonica|スタッフ

Staffs

代表 高橋 治 Osamu Takahashi

1974年、東京都中野区生まれ。
血液型A型乙女座。
成蹊大学経済学部卒業。

在学中にヴァイオリン修復の道に興味を持ち、卒業後に弦楽器工房に入門。7年間じっくり研鑽を積んだ後、都内弦楽器店に工房長として10年間勤務。これまでに1万本を超える毛替えや調整、修復などを手掛け、数多くの楽器楽弓の試奏を重ね、それぞれの楽器に適した良い音を創るために研究を重ねてきました。また、奏者として、3歳からヴァイオリンを始め、これまでに戸澤哲夫、石井志都子、素村裕子、三樹正各氏に師事。ソロだけでなく、仲間とオーケストラを創設し10年間コンサートマスターとして団の発展に尽力し、室内楽も豊富に経験してきました。
これらの経験をもとに、いろいろな角度から楽器にアプローチし、声を聞き、最良の音を導き出す手法は、業界でも異色といって良いでしょう。

Message:"どんなことでも、一度是非ご相談ください!"

店長 金岡 貴善 Takayoshi Kaneoka

1975年、東京都目黒区生まれ。
血液型O型ふたご座。
日本大学商学部卒業。

7歳からヴァイオリンを始める。
中学入学後は弦楽合奏に楽しみを見出し演奏を続ける。
大学在学中に一時ヴァイオリンから離れ、部活動とアルバイトに明け暮れる。
大学卒業後は不動産会社に就職、住まいをご紹介する業務に従事する。
不動産会社を退職後、都内弦楽器店の店長として11年間勤務。
その間、多くの楽器・楽弓のご選定から、弦・松脂・ケース選びまで、弦楽器に関わる多くの場面でお客様のサポートをさせて頂く。

Message:"人間の一生よりも長い寿命を持つ楽器選びは、その後の演奏活動を左右するため、大きな責任が生じます。楽しく、充実した演奏活動を送って頂けるよう全力でサポートさせて頂きます。お気軽にご相談ください。"