バイオリン、ビオラ、チェロ、弓 の 販売・修理|東京都千代田区、市ヶ谷駅の弦楽器専門店 弦楽器 Tonica|特集vol.1

Features

現代のマエストロたち vol.1 Manuel Di Landa

マヌエル・ディ・ランダ

1980年7月31日 Mugnano(Napoli, Italia)生まれ。クレモナで製作活動に励む若きマエストロ。彼の作品はイタリア、イングランド、フランス、アメリカと多くの国で学んだ製作と修復、双方の視点から考え抜き製作されます。演奏者の意図を素直に、そして的確に表現してくれる彼の作品は、レスポンスがよくストレスを感じさせない発音が魅力です。彼と Tonica の出会いは2013年のクレモナ。以来、交流を続けています。

経歴
2001年〜2004年:Gubbio(イタリア)でヴァイオリン製作のディプロマを得る。
2004年〜2007年:Newark(イングランド)でヴァイオリン製作及び修理を学ぶ。
2005年〜2006年:Turner violin(イングランド)ワークショップ。
2006年7月:Frederic Becker(フランス)ワークショップ。
2006年8月:Gaetano Puccino(イタリア)ワークショップ。
2007年:Hans Weisshaar(アメリカ)ワークショップ。
2008年4月:Jens Johansson(イタリア)ワークショップ。
2008年8月〜2013年:Violin House (イタリア)ワークショップ。
2013年:クレモナに工房を構える